2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

2018年5月26日 (土)

5月の出来事 その2 スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』

観劇前日に、急に母の友人からチケットがいただけるというラッキーな出来事がありまして…
 
新しくなった御園座に、スーパー歌舞伎を観に行ってきました。
 
わたくし、恥ずかしながら、生で歌舞伎を見たことがなく、『歌舞伎』と『スーパー歌舞伎』が別物だということが頭にない状態で見てしまったので…
 
いろんな意味で“衝撃”と“?”がいっぱいの観劇でしたcoldsweats01 
 
スーパー歌舞伎は、歌舞伎のスタイルをとっているお芝居とショーとアクションの融合というのでしょうか…『楽しかったらなんでもあり』な舞台という印象でした。
 
1幕はね、申し訳ないけど、『CAPTAIN NEMO』ばりのお芝居で(咲ちゃんごめんbearing)、この先どうなるんだこの芝居…大丈夫なんだろうかと思えたんだけど、2幕の変わりようには、びっくりしました。
 
歌舞伎の方でもあんなことやっちゃうんですねcoldsweats01 
 
客席降りもあって、2階席だったんですが、キャストの方達とハイタッチを何度もしてしまいました。
 
3幕は、殺陣の見せ場(?)の作りが単調だったのが、ちょっともったいなかったけど、感動的なシーンを役者の皆さんがかっこよく演じてらっしゃって良かったです。
 
そうだ。
 
芝居の内容とは全然関係ないんですが…
 
この日、2階席のセンターブロックががら空きで、私が観ていた席のブロックも、母と私の2人だけという芝居以上に衝撃的な光景を見ました。
 
何かの手違い(?)で、そんな状態になったのだとは思いますけど、
 
幕が開いて2階正面に誰もいないなんて、役者さん悲しかっただろうな…と。
 
うーんsweat02 
 
でも、楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
幕間に「きんつば」もいただきました。
 
Img_6575

5月の出来事 その1

5月もあとわずか。
 
まぁたブログをほったらかしておりますcoldsweats01 
 
書く時間が全くないわけじゃないけど、書け(か)ないねぇ…。 
 
ということで、5月の出来事をざざっと!
 
連休中はぼーっと過ごしてたんだけど、1日だけお出かけしました。
 
初!『リトルワールド』!
 
犬を連れて入ってもよいという施設なので、犬を飼っている友人と犬連れ(?)で行ってきました。確かにワンワンだらけだった…dog
 
各国の建物(住居)が展示してあって、各国の食べ物、お土産が売られていて、その国の衣装も着られる(着なかったけどね)というプチ海外に行ったつもりになれる…な場所でした。
 
あんまり写真を撮らなかったんですが…お昼はカレーをいただきました。
 
Img_6568
 

2018年5月 1日 (火)

5月でございます。

5月になりました。 
 
私の職場は5月始まり。まさに本日から新年度スタートでございます。 
 
といっても、私は本日はお休みcoldsweats01 
 
しかも、明日仕事に行ったら、また連休なんだけどね。 
 
えー。 
 
今年の仕事の目標は、
 
『初心に返る』 
 
です。
 
昨年度、いろいろ考えさせられる出来事があり、自分のやり方は間違ってなかったと思えた反面、もう一度一から見直して見なくては…と思えることもあり…
 
うん。 
 
がんばりますgood

2018年4月26日 (木)

雪組『凱旋門』配役のこと

はい。
 
配役発表から数日経過。
 
あの日はほんとにめっちゃびっくりしたんですけど、…落ち着きましたcoldsweats01
 
とりあえず、むかーし録画した初演のDVDを引っ張り出して見てみたので…
 
思いつくまま書いてみます。
 
まず、一番びっくりした咲ちゃんのお役『アンリ・シャルダン』初演立樹遙)は、ラヴィックとジョアンの恋の行方を左右する重要な人物なんだけど、結構長々とジョアンと踊るシーンはあるんだけど…、歌もないし、特にこれといった見せ場がない。  
 
もし、初演以上に“ラヴィックとジョアンの恋”にのみ焦点を絞って、三角関係を描くなんてことになるとか、そもそもの設定が変更になるなら、まぁそれなりに出番も多くなるんだろうけど。
 
うーん…。どうなるんでしょう。
 
翔ちゃん演じる『ヴェーべル』(初演:汐風幸そんなに出番は多くないっちゃ多くないけど、歌あり、ストーリーテラー的な要素ありなお役。
 
結構渋い(こうちゃんが演じてたから?)役だから、確かに咲ちゃんより翔ちゃんのほうがあってる気がしないでもない。
 
『ハイメ』(初演:安蘭けい)の朝美さんはピッタリな感じ。
 
『ユリア』(初演:千咲毬愛)のみちるちゃんもあってると思うけど、みちるちゃんにはぜひお歌を頑張ってほしいです。
 
『マルクス』(初演:成瀬こうき)が煌羽君だったのはちょっと意外。影がある(というか裏の顔を持つ)役なので、雰囲気はあってるのかも。私的にはひとこちゃんがこのお役でもよかった気はする。  
 
『ローゼンフェルト』(初演:朝海ひかる)とセットのような使われ方だったから、今回はひとこちゃんと煌羽君がセットということになるのかな。
 
のぞみちゃんの『シビール』(初演:愛田芽久)は、ラヴィックの元恋人なんだけど、ほんとに一瞬出てきて、セリフも何もなく退場するのね。。まぁ、私の中でのぞみちゃんは、雪娘のビジュアル担当なので、「めっちゃきれいな恋人がいたんだ!」な感じで登場してくれたらそれでいいんですけど。
 
ただ、今更子役もないかなとは思うんだけど、『オットー』(初演:山科愛)役の潤花ちゃんにもちょろっとだけどセリフがあるからなぁ。
 
まぁ、名前のついているお役は、それぞれにちょっとずつだけどセリフや見せ場(?)はあるので、今の雪組で、どんなお芝居になるのか楽しみです。
 
あ。楽しみといえば!
 
私としては、美穂さん『フランソワーズ』(初演:矢代鴻))が出演されるのがほんとに楽しみ。彼女のお歌は大好きですshine
 
まずはチケットを確保せねば…
 
 
 
 

2018年4月21日 (土)

4月もあと10日…&雪組の配役発表。

ブログってなんだっけ…なぐらいの放っておきようsweat02 
 
2ヶ月以上ぶりでございますcoldsweats01 
 
まぁ、今年はさ、年明けから落ち着かないスタートだったし、3月中は連続16勤とかあって、お休みは4日だけ。 
 
もう、何がなんだか分からない日々を過ごしておりました。 
 
あ。でも、そんな中で…
 
NACSのお芝居は観たし、岡崎城にお花見に行ったし、新生宙組公演を観に行ったりはしましたけどね。 
 
お花見と、NACSと、宙組のことはまた後で(書けたら)書きます。
 
ところで。
 
今日、雪組の凱旋門の配役発表になりましたね。
 
後でまた書きますが…(これは絶対書く!) 
 
とりあえずこれは言っとく。 
 
咲ちゃん、アンリなんだよね? 
 
初演と同じなら… 
 
幕開きから45分間ほど出番ないんですけどっbearing
 

2018年2月10日 (土)

雪組「凱旋門」 先行画像…

そういえば、雪組の『凱旋門』の先行画像が出てましたね。
 
見た瞬間の衝撃ったら…。 
 
 
なんでああなったんだろうね。
 
お芝居のイメージもなにもあったもんじゃないじゃんよ。
 
“二人で頑張ります”宣言のような…
 
 
なーんーでーっっ!!punch 
 
ポスターに期待しよう。 
 
あ。
 
望海さんのお衣装はぜひ別のものに!

2018年2月 7日 (水)

星組 ドクトル・ジバゴ 

気がつけば2月。
 
特に何かあったわけじゃないけど、なんだかんだと落ち着かず…今に至っております。 
 
さて、昨日は、星組の『ドクトル・ジバゴ』を観てきました。 
 
瞳子ちゃんの退団後、礼音の中日公演『愛するには短すぎる』を観て以来の星組観劇sweat01 
 
予習も全くせず、トム様と有沙瞳ちゃん以外はほとんど存じ上げません状態の観劇でしたが… 
 
良かったですcatface  
 
暗ーいお話しで、清く正しく…に相当反する恋愛要素(?)満載だし(ちびっこには見せられない)、くすっと笑える要素も皆無といってよいお芝居でしたが… 
 
出演者のパワーがドンっと伝わってくる舞台でした。  
 
まだ初日が明けて間もないので、細かく感想を書くのはどうかな…ということで、
 
主要メンバーの感想を簡単に… 
 
トム様(轟さん)…渋くて深いお役を素敵に演じてらっしゃいました。“宝塚の男役とはこうあるべき”の王道を行く演技というんでしょうか(決して“型通り”ということではないです) 
 
男役として完璧だなぁと思いました。 
 
有沙さん…“苦しみ、悩み、それでも人を愛し、想う…という感情を強烈に内に秘めている”女性をうまく演じてらしたと思います。 
 
瀬央さん…全編通して、“暗い”お役で、2幕は“暗い”というより“闇”に近い感情を持つ人物になるというか…目が怖かったです。でも、とってもお上手でした。 
 
あ。 
 
これネタバレかなぁ。2幕の後半で、撃たれちゃうんですよ。
 
今日、(後頭部から)倒れた時に、結構『ゴンッ』って大きな音が響いて、びっくりしまして…、
 
あれ、毎回あんな感じで倒れるのかなぁ…と、ちょっと心配になりましたcoldsweats01 (頭がぶつかった音じゃないならいいんですけど)
 
天寿さん…“とってもいやらしい人”とか、“嫌な奴”という言葉がぴったりという演技でした。
“悪役”を見事に演じてました。
 
小桜さん…とってもお上手でした。不安で仕方がないのに夫を信じ支え続けようとする良き妻。まだ若いのに…見事でした。 
 
まだ公演は始まったばかり。赤坂の千秋楽までまでがんばれ~shine
 

2017年12月27日 (水)

月組退団者

なんだかうまくアップできてなかったみたいなんで、上げ直しです…。
 
公式をのぞいたら、月組の退団者の発表が。 
 
ファンの方にとっては最悪なクリスマスになったんじゃないかと思うと、胸が痛い… 
 
月組はほとんど見ないので、どなたがどうの…は分からないんですが、 
 
宇月さん、早乙女さんは主要メンバーですよね。

25日付退団の蒼瀬さんは、先日の「神家の七人」が退団公演だったんですね。  
 
“時々男らしいお〇まちゃん”をうまく演じてらして、キュートでかっこいい男役さんだなぁと思って見てたんですけどね…。  
 
それにしても、この人数。  
 
雪組より減っちゃう?  
 
うーん。
 
来年どうなるんでしょうね…
 
月だけじゃなく、他組も気になる…。
 

2017年12月24日 (日)

望海さんとちぎちゃんに…

あと1週間で今年も終わり。
 
本日はイブですがxmasサンタが来る気配もなく…coldsweats01明日のクリスマスは普通にお仕事。 
 
今年は28日まで…29日もちょろっと仕事があるので、完全な冬休みは30日から6日間。
そしてなぜだかやることがいっぱいで忙しい…。
 
あ゛ー!! 
 
でもね。
 
1月号のグラフの望海さんのギャップ…“表紙”と“ポート”のかっこよさからは想像できないほどの
『ガオガオゲーム』のおとめっぷり。
 
…そんなちょっと頼りない(?)旦那を支える真彩ちゃんの活躍ぶりもツボです。  
 
と、 
 
ちぎちゃんのインスタ…羽を背負ってるのを見た時は、思わず電車の中で吹き出しそうになったよ…。
 
に、
 
元気をもらって(?)いるわたくし。
 
いいのか…こんなんでcoldsweats01

2017年12月17日 (日)

雪組 ひかりふる路 感想

はい。
 
 
一昨日は、雪組の千秋楽でしたね。雪組の皆さん、そしてコマちゃんお疲れ様でしたshine  
 
ちぎちゃんがお花渡しされたみたいですね。
 
この公演は、3回観劇することができました。3回とも全然違うお席だったので、それぞれの位置から楽しむことができたかなと思います。
 
さすがに3回目はちょっと落ち着いて観れるだろう…と思ってたんですが、どの生徒さんも舞台のあちこちで熱演されてるもんだから、結局オペラできょろきょろしてしまいましたcoldsweats01 
 
では、それぞれの生徒さんの感想など… 
 
望海風斗
 
望海さんはねぇ。もうねぇ、言うことなしですわ。 
 
お歌は完璧(12/7の公演はお芝居の時もショーの時も歌い出しがちょーっと気になったけど)。芝居も上手い。
 
何度も書いてる気がするけど、望海さんって、役を演じてるというより、役そのものになっちゃうから、宝塚の男役としてのかっこよさからはちょっと外れていっちゃう感じもするんだけど、そこが役者としての魅力かなと。 
 
特に、心に闇の部分があるというか…その役に“暗さ”の面があると本領発揮ーみたいな。 
 
あ。ショーの時はキラッキラshineの“宝塚の男役”さんなんだけどね。 
 
 
真彩希帆
 
真彩ちゃんも上手いです。お芝居もお歌も。 
 
実は彼女が雪組に組替えの時の人事は「うーん…」と思ってたんだけど…有沙瞳ちゃんがゆうみちゃんの後を引ぎ継ぐのかな…と思ってたのでsweat01 
 
でも、このコンビは正解だったんですね。 
 
今回のお役は、つらい過去を背負って生きている設定なので笑顔のシーンが本当に少ないんだけど、うまく演じてるなぁという印象。  
 
お歌が上手いってやっぱりいいですよね。 
 
お芝居の最初、マリアンヌが自分の過去を語る場面。感情を抑えるように静かに歌う、あの歌い方で気持ちを出せる真彩ちゃんに拍手です。
 
彩風咲奈 
 
咲ちゃんは、この間のDCがパッとしなかったので…(ゴメンナサイsweat02)今回は真逆(?)のお役でよかったね…と思って見てましたcoldsweats01 
 
歌詞にもあったけど、大胆にそして豪快に演じてらっしゃいました。 
 
低い音域になると歌詞が聞き取りにくいのがちょっと残念。声は素敵なので。 
 
彩凪翔 
 
翔ちゃんは、まさかの女役さんでしたが、あぁ。この役は娘役さんがやるよりは男役さんがやったほうがいいかも…な強ーい女性を演じてらっしゃいました。 
 
男役を従え、まさに“女王様”。綺麗でした~。 
 
朝美絢 
 
まず、なんといっても綺麗。“美少年”という言葉がぴったり。 
 
ロベスピエールを慕って…というより崇拝しているというのが良く伝わってきました。ロベスピエールを見つめる目がねぇ。もうねぇ。 
 
でも、時々見せるあの不敵な笑み。実はこの人が、陰ですべて操ってるんじゃないか、ロベスピエールをうまく使ってるんじゃないか…と思えました。 
 
お歌も音程がちゃんと取れてたと思うので良かったです。
 
沙央くらま
 
コマちゃんは、ごめんなさい(先に謝っとく)。とにかくかわいくて…おじさんにも青年にも見えないっつーか、少年に見えてしまいました。
 
でも、お芝居もお歌も安定してましたよ。 
 
ジャコバン党員のメンバーも皆さんそれぞれ熱く演じてらっしゃいました。
 
ひとこちゃん(永久輝世あ)と縣君(縣千)が目立ってたなぁという印象。
 
まなはる君(真那春人)もよかった。  
 
みちるちゃん(彩みちる)ちゃんのお芝居も旦那さんを支える良き妻ってのが良く出てたと思います。  
 
あ。
 
はっちさん(夏美よう)は渋くて悪ーいオジサマをかっこよく演じいてらっしゃしました。 
 
東京公演も頑張れ雪組!
 
 
 
 
 
 

«大阪女子旅 その5 USJ編 その3