2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

2017年4月22日 (土)

雪組 幕末太陽傳 初日 その1

また1か月以上ブログをほったらかし、気づけば4月もあとわずか。
 
そんな今日この頃ですが…。昨日、雪組の初日を観に行ってきました。
 
ちぎちゃんがばちを落としたり、
 
ゆうみちゃんがすっころんだり、
 
咲ちゃんが休演だったり、
 
・・・。
 
でも、お芝居は面白いし、ショーはとってもかっこいいですshine
 
これが退団公演じゃなかったら、ほんっとに超最高なんだけど。
 
笑える芝居なのに、台詞のやりとりにサヨナラの要素が含まれてたり(考えすぎ?)
 
もう、ショーなんて涙なくしては観られない。
 
しかも、昨日のちぎちゃんのご挨拶。
 
ちぎちゃんったら泣いちゃうんだもの…。
 
あ。
 
いかんいかん。思い出したら涙腺が…weep
 
それぞれの生徒さんの感想はまた後で。
 

2017年3月 9日 (木)

雪組 新トップコンビ発表! でも…

はい。
 
3月でございます。
 
2月の前半は、幸せな宝塚観劇…中日の雪組、大劇場の宙組、バウの雪組…の日々(あぁ。楽しかったconfident)でしたが、
 
後半は、3/5の生徒の発表会に向けてひたすらレッスンに励んでおりました。
 
そして、発表会翌日・・・
 
大量の雪組退団者の発表sweat02
 
びっくりするやら悲しいやら…と思ってたら、その翌日
 
朝夏さんの退団発表sweat01
 
友人と宙の次期は誰なのか、まあ順当に行くんだろうけど気になることもあるよねぇ…などと話していたら、本日
 
雪組次期トップコンビ発表shine
 
まぁ、分かってたんで(みんな分かってたよね?)、これはさすがに驚きゃしなかったけど、望海さんが好きな私としてはうれしい発表でした。
 
でもさ。
 
咲ちゃんは新トップコンビのプレお披露目の時はいつも別なんだなぁ…と思ってみたり。
 
演目が『琥珀』かぁ…思ってみたり。
 
ショーのタイトル、あれはちょっとなぁ…と思ってみたり。
 
…。
 
まぁ。なんだかんだ言いつつも…
 
嬉しいんですけどねcoldsweats01
 

2017年2月14日 (火)

宙組 「王妃の館」「VIVA FESTA!」

さて。11日は宙組の15時公演も観てきました。
 
フルメンバーの宙組を観るのは初めてでしたし、なにせお席が最後方といってもよい場所だったのでsweat02どなたがどうの…はよく分からないですが、ちょろっと感想など。
 
お芝居は浅田次郎原作「王妃の館」。
 
映画化されたこともあるという小説だそうで(映画は見ていかなかったけど)、とりあえず小説は読んでおこうかなと、上下巻とも読んでから観劇したんですけどね…
 
まぁ、なんでしょう。小説のタイトルと登場人物の名前(若干違うけど)は同じで、お話の流れもほぼほぼ…同じなんだけど、舞台化…いや、“宝塚で舞台化”するとこうなっちゃうのねー!なお芝居でしたcoldsweats01
 
でも、コメディーというだけあって終始笑いが起こってましたし、所どころほろっとする場面もあり、最後はちょっと泣けました。場面転換もスムーズ。楽しかったです。とっても。
 
ショーは「VIVA FESTA!」。
 
いろいろなお祭りを詰め込んだショー。キラキラな場面あり、怪しい場面あり。宙組さんはアンサンブルがお上手なんですね。まとまってるなぁという印象。
 
オープニングの伶美うららちゃんがとてもきれいで、エン・シエロ(牛追い)の場面がかっこよくて、ソーランは迫力がありました。
 
ソーラン…。わたる君を思い出しました。あれも宙組のショーだったよね。
 
そしてなんといっても、デュエットダンス。
 
実咲さんの真っ白なドレス姿にちょっとうるっとしてしまいました。  
 
あー。雪の時は泣くかも…weep
 
 
 
 
 

2017年2月13日 (月)

雪組 バウ公演 「New Wave! 雪」

2/11の11時公演を観てきました。ので、ちょろっと感想など…。
 
公演メンバーは以下の通り。
 
愛すみれ、月城かなと(95期) 
永久輝せあ、叶ゆうり(97期) 
諏訪さき、陽向春輝 野々花ひまり、彩みちる(99期) 
桜庭舞、眞ノ宮るい、星加梨杏、汐聖風美(100期)
縣千、琴羽りり、優美せりな、望月篤乃、麻斗海伶(101期)
彩海せら、有栖姫華、潤花(102期)
 
正直、若手ばっかりってどうよ…と、ちと不安だったんですが、とにかくどの生徒さんもキラッキラの笑顔全開、エネルギー爆発…みたいなパフォーマンスのオンパレードで、
 
shine若いってすごいわねshine
 
な舞台でした。
 
男役さん達のカッコつけ方(キザリ方?)は、ちょっとぎこちないというか、一生懸命というか…やっぱり『男役10年』ってのはホントだなと思ったけど、れいこさんとひとこちゃんは(まだ10年じゃないけど)お歌も踊りも安定してたし、かっこよかったです。
 
さすがお二人とも新公主演者です。
 
そうそう。ひとこちゃんが1曲だけ女役(娘役?)をやったんですけど、ドレス姿がめっちゃ細くてびっくりしましたsweat01
 
娘役さんはみんなかわいかったですし、大人っぽい雰囲気も出てたと思います。
 
野々花ひまりちゃんがすごくかわいかったですheart01
「エメ」でひとこちゃんと踊る場面はまさに『ロミオ』と『ジュリエット』。素敵でした。
 
あ。
夢を語るコーナー(?)に登場した望月篤乃くんもかわいかったです。(男役さんに“かわいい”は失礼か…sweat02)盆回し…というか指で何でも回せるらしいですcoldsweats01
 
このメンバーのこれからの活躍に期待大ですshine
 
それかられいこさん。
 
“雪組の月城かなと”じゃなくなっちゃうのは寂しいですがweep…月に行っても頑張ってほしいです。
 

2017年2月 7日 (火)

雪組 中日「星逢一夜」「Greatest HITS !」

本日、2/7の12:00公演を観てきました。ので、ちょろっと感想など
 
まずお芝居。
 
全体の流れはもちろん変わってないし、役が替わった生徒さんも生き生きと演じてらしたと思います。
 
ただねぇ。晴興がねぇ。
後半からいくつか台詞が変わったというか、入れ替わってたというか…“ほんとはいい人”天野晴興になっちゃったというか。
 
初演はさ、自分の藩のことは本当はすごく気になるけど、老中としての立場を貫いて…でも、やっぱりそんな自分が許せなくて…、『“苦しくても辛くても我慢する”だけの人』といってもよさそうな芝居(役作り)だったような気がするんだけどさ。
 
今回の中日は、天野晴興の“本当の気持ち”が台詞になっちゃってて、気持ちの動きは分かりやすくはなってるんだろうけど…うーん。
 
私は初演の晴興の方が好き。
 
あ。でも、ちぎちゃんの芝居はすごく好きです。
 
ショー。
 
大きな(?)変更点とお得情報(?)のみお知らせ。
 
ゴーストバスターズの場面は、お化け→鬼(節分)に。(…節分終わっちゃってるけどねcoldsweats01)
 
クリスマスの場面はマンボ中心(?)のカーニバルに。その後のちぎちゃんのソロが新曲に。
 
エピローグの歌手は煌羽さん。エトワールは香綾さん。
 
客席下り何度かあります。ちぎちゃんが真ん中通路の端から端まで来てくれます。
 
ありがとう、ちぎちゃんshine
 
もう一回観に行く予定なので、生徒さんの感想は次回に…
 
 

2017年2月 3日 (金)

2月といえば…

2月といば、節分、立春、中日劇場。
 
…はいcoldsweats01
 
恒例の中日劇場の宝塚公演が始まります。
 
今年は雪組。演目は『星逢一夜』と『Greatest HITS!』。
 
いやぁ。
 
楽しみ!shine

2017年2月 1日 (水)

2月でございます

さて。
2月になってしまいましたが、今年の目標なんぞ書いてみようかと思います。
 
…あ。
昨年は、とりあえず思いつくまま14個目標設定したものの、結局半分以上は達成できず(当たり前だannoy多すぎだろ…sweat02)…だったので、今年はちゃんと選んで目標を立てたいと思います。
 
1.お金を貯める
小学生の時に“おこづかいい帳”をつけ始め、それは今も続けているので(今は“家計簿”だけど)今の状況は把握してるんだけど、やっぱり今後(老後?)に備えてちゃんとお金を貯めていかないとな…と思うようになってきたので、今年こそちゃんと考えてみたいと思います。
でもね。ほら、あれだ。
宝塚生活(?)に戻ってしまったので、それも考慮して…coldsweats01
 
 
2.勉強する
これねぇ。
自分でも嫌になるくらいずーっと言ってて実行しきれない。ちょっとはやるんだよ、ちょっとはね。でも続かない。資格を取るなんて夢のまた夢。
…な私ですが、どーしても今年は何か資格らしきものを取らねばならない事情ができてしまったので、頑張りますsweat02
 
 
3.綺麗になる
これもね。ずーっと言ってるし、実行してるといえば実行してるんだけど、なかなか自分の理想の形に近づかない。
まぁ、年齢には逆らえないので、老けていくのはしょうがないんだけど、ただ見た目が綺麗に…だけじゃなくて、中身も内面も綺麗になりたい。
…。
はい。努力あるのみ。
 
はい。
今年はこの3つ。
小さい目標は多々ありますが、まぁそれは日々の生活の中でクリアしていきます。
さあ。今年もあと11か月。
がんばるぞ。
 

2017年1月30日 (月)

1月ももうすぐ終わり…

2017年も、すでにほぼ 1ケ月が過ぎようとしております。
 
実は、昨年の12月半ばにパソコン様がぶっ壊れまして…というかなんというかとにかく使えなくなりまして…
年賀状は作れないわ、家計簿のデータは吹っ飛ぶわsweat02
大変な年末でございました。
 
本日(もう昨日か)やっと新しいパソコン(初!ノートパソコンshine)を買ってきたので、とりあえずブログ復活です。
さて。さっそく今年の目標なんぞ…と思いましたが
 
昨年は目標をかなりたくさん設定して、やっぱりというか当然というか、ほとんどクリアできなかったので…
今年はきちんと目標を立てたいと思いますcoldsweats01
あ。でも。
もう遅いので、また明日。
 
 

2016年12月13日 (火)

クリスマスベル?

先週の土曜日、伏見駅へ向かう道の途中で見つけました。

ミッドランドスクエアの壁面イルミ。

これは南側の絵柄だそうです。

Img_47091

2016年11月29日 (火)

宙組 双頭の鷲 その2

はい。

では、記憶が薄れないうちに(…ってもう微妙なところもあるんですがsweat01

生徒さんの感想など…。

轟さん(スタニスラス)

いやぁ。なんだろうねぇ。

動きも台詞も、その一つ一つが『男役』として完璧といっても過言じゃないっていうか、正統派2枚目男役の鏡というか。

トム様はほんとにかっこいいです。

かっこいいんだけど、お芝居は人間臭いというか、「スタニスラス」の(王妃に対する)感情の変化を本当にうまく演じてらしたと思います。

実咲さん(王妃)

“哀しみ”よりも、より強い“狂気”をはらみつつ孤独に生きる「王妃」…という役どころでしょうか。でも、暗殺者の顔を見たその一瞬で、ただの「女性」になってしまう。(まぁ、そもそもその突拍子もない設定の上に成り立ってる話だからね…coldsweats01

凛とした王妃の部分と、恋をする女性の部分をうまく演じられてたと思います。

お歌がとってもお上手でした。高音域がキィーッとならない(って分かるかな?)声質で聴きやすかったです。

あ。

芝居の終盤、足を滑らせて勢いよく転んだ…というか倒れちゃって、ヒヤッとしましたwobbly

愛月さん(フェーン伯爵(警察長官))

制服がとっても似合ってて、かっこ良かったです。背が高くてスタイルのめっちゃよい生徒さんですね~。

彼女は、最初から最後まで『悪い奴』をちゃんと意地悪く演じてらっしゃいました。

でも、お歌がちょっと…。見せ場のアップテンポの曲はちと歌詞が聴き取りづらかったですsweat02

桜木さん(ヴァルレンスタイン侯爵)

侯爵だけど王妃の召使い(?)で、国王(王妃の亡くなった夫)の友人で、実は王妃が大好きで、王妃の侍女の元婚約者という、何とも言えない立場のお役でした。

国王の友人なんだから、王妃よりも年上の設定なんだと思うんだけど、青年にはなりきれてないけど、少年でもない…的な雰囲気でした。見た目がとってもお綺麗なのと、可愛い感じのお顔なのでそう見えたのかもしれません。

静かな役どころで、あんまりインパクトのある感じじゃなかったんですが、(1幕の最初は、美風さんと2人だけのお芝居を結構長い時間してらっしゃいましたが)、王妃に対する気持ちがとにかく強いんだなというのは、どの場面からもちゃんと伝わってきました。

和希さん(ストーリーテラー)

このお芝居、橋田壽賀子の脚本ばりにやたらと長台詞のオンパレードで、結構みんな噛みまくってるんだけど(笑sweat02

和希さんは、滑舌もよくテンポもよく。さすが「ストーリーテラー」といった感じでした。

1幕も2幕も彼女の台詞からお芝居スタートなんですが、ほんとにうまかった。

2幕の最初、下手客席からの登場でお客さんをいじるんだけど、まだ若手なのに、とってもスマートなアドリブで上手に笑いを取ってました。

芝居の最中、自分に台詞がある時以外は、ほぼほぼ下手舞台袖に近い位置に置いてある椅子に座ってる役なので、スポットが当たってないにせよとにかく舞台の一番前で出ずっぱり(まぁ、意味が違うけど…)。

あれはあれで大変だよな…

美風さん(エディット)

王妃の侍女。王妃のことは大事だけど、皇后や警察長官にも通じていて、スパイみたいなこともするお役でした。

厳格で融通の利かない、『こういう人いるよね』を絵に描いたような感じで…(ほめてますsweat01)台詞もはっきり。すごく安定したお芝居されてました。

穂希さん(トニー)

聾唖の少年という事で、台詞なしのお役。

でも、表情も動きもくるくる変わってとっても良かったです。

パパラッチの方達は…、お名前と顔が一致しないので申し訳ないのですが…みんな黒のお衣裳なんですが、14人14色と言いますか、誰もかぶることなく、それぞれが個性的に演じてらっしゃったと思います。アンサンブル(お歌)も素敵でした。

良いものを観せていただきましたshine

«花組 雪華抄/金色の砂漠 その1