2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月30日 (日)

黒糖バナナ酢 その後

バナナ酢を作ってからちょうど1週間。最初に作った分は飲みきった。

060730_2328 コレといって特に変わった感じはしないけど、調子が悪いわけでもない。豆乳+牛乳に混ぜて飲んでるんだけど結構美味しい。続けてみたら、何か変化があるかも・・・。ってことで、2回目のバナナ酢を作ってみた。

さあ。まだまだ続く『黒糖バナナ酢生活』。

占いモンキー

占いモンキー。かわいいし、おもしろそうだったので左側にくっつけてみました。ちなみに私は、「イエローモンキー」だそうな。

そういえば、『THE YELLOW MONKEY』というバンドがあったよね。私が高校生の時ぐらいにデビューしたんじゃなかったかな・・・(年がばれる・・・)。あんまり曲を聴いた事がないからどんなバンドだったか覚えてないんだけどさ。

私はその頃、 『松岡英明』君 にはまっていたので。(他に好きだったのは、『TM NETWORK』、『PRINCESS PRINCESS(プリプリ)』、『渡辺美里』・・・)

なつかしい~♪

2006年7月23日 (日)

そして、黒糖バナナ酢!

で、この肌荒れを治すには・・・と、ネットで調べていたら、発見!

『黒糖バナナ酢』。

なんでも肌荒れに効くらしい。ダイエット効果も期待できるらしい。何より、作り方が簡単ではないか!!(←私にとってはコレが重要。)ということで、さっそくまた材料をそろえて作ってみた。

【作り方】

バナナ3本  黒糖300g  酢500cc 

①容器に輪切りにしたバナナを入れる。  

②その上から黒糖を入れる。

③それに酢をかけて、1日(~2日ぐらい)冷蔵庫に入れておく。以上。

これを、牛乳(豆乳)で割って(黒糖バナナ酢50cc,牛乳150cc)飲むらしい。10日ぐらいで飲みきった方がよいとのこと。今回は、お試しということで、半分の量で作ってみた。明日か明後日から飲むことにしよう。

でも、作りながらちょっと思った。もしまた腹痛や、肌荒れになったら・・・。こんなの飲まない方がいいんじゃないだろうか・・・。

ま。その時はその時さ♪

毒出しジュース その後

あれから、約一週間。飲む時間帯はばらばらだったけど、一応毎日飲み続けておりましたが、なんと、ひどい肌荒れに・・・('-')

初日は、おなかが痛くなり(でも、それはきっとしょうがの入れすぎ)、2日目からは落ち着いたんだけど、金曜日には、顔がぼろぼろになってしまいました。

うーん。これは毒が出てるのか、体に合わないのか、なんなんだろう。このところちょっと睡眠不足だし、心配なこともいくつかあるから、ストレスかな・・とも思うのだけど。

とりあえず、飲むのをやめます。

2006年7月17日 (月)

毒出しジュース

ちょっと前から気になっていた「毒出しジュース」。やっと材料をそろえて作ってみた。

作り方は簡単で、

060717_1645 ①ペパーミントティーを作る。ティーバッグ1つに対してお湯500ml。(私はこのティーバッグを使いました。)

② ①に、レモン果汁(生を搾っても、市販の100%果汁でもOK)大匙2杯、しょうが(生をすりおろしても、市販のチューブ入りでもOK・・・チューブなら1~2cm程度)、オリゴ糖(適量)を入れて混ぜる。

060717_1631 出来上がり。温かいままでも冷やして飲んでもよいそうだ。

さっそく飲んでみたのだが・・・。しょうがが多かったのか、オリゴ糖が少なかったのか、作り方が悪かったのか、美味しいと呼べる飲み物ではない(+_+)

でも、続けるぞ。1ヶ月・・・いや、(とりあえず)10日は続けるんだ!!

2006年7月 7日 (金)

花組「ファントム」

4日(火曜日)に、花組の「ファントム」を観に宝塚へ行ってきました。ので、感想などを・・・。

まず、すみれさん。この人は、本当に歌がうまい!時々、フレーズの最後で“ひょんっ”と声を裏返す(“裏返る”じゃないよ)歌い方をするけど、今回はそれがほとんどなく、ストレートに歌ってたのが良かったかな。お芝居(役作り)もうまいなあと思った。ファントム(エリック) の悲しみ、孤独感、愛情への憧れ・・・よく伝わってきました。特に良かった場面は、2幕の仮面を取ってしまった後(クリスティーヌが逃げ出してしまった後)の叫びからの場面。客席に背を向けて立ってる短い時間に、エリックのどうしようもない気持ち(絶望感・・・)がひしひし伝わってきた。

彩吹さんのキャリエールは、落ち着きがあり、また、エリックの父親としての苦悩がうまく表れていたと思います。2幕の銀橋のエリックとの場面がすごく良いです。

ただ、すみれさんもゆみこさんも歌がとてもお上手なので、『親子の対面』の芝居に感動したというよりは、『なんてうまい二重唱(デュエット)なんだ!!』ということに感動した自分がちょっと悲しい・・・( ̄- ̄)

彩音ちゃんは、歌がねぇ~。のばす音は、まぁそこそこ安定してるんだけど、細かく音程が動いたり、歌詞がつくと、あちゃ~な感じ。がんばって・・・。

うんちゃんは、とにかく“二枚目の伯爵様”という感じだった。【宙組ファントム】で、この役をとうこちゃんがやったけど、その時は、「団員の女の子達に、キャーキャー言われるのが分かるわぁ」という役作りだったような気がするんだけど、うんちゃんは、ちょっとおとなしめだったかな。

あとは、カルロッタ役の出雲さんがすばらしかったです。それと、桐生さんがかっこよかった♪エリックののお母さん役の花咲さんの声は、ちょっと違うんじゃ・・・と思ってしまった(ごめんね(+_+))。宙組のファントムをもうあんまり覚えてないから、花組と比べたら・・・っていうのはよく分からないんだけど、観劇した席の違いなのか(宙の時は2階席、今回は1階席)、アンサンブルのまとまりというか、勢いというかは、宙のほうがったあったような気がしました。

フィナーレで、トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」をすみれさんで聴けたのもうれしかったです。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »