2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« チョキ! | トップページ | 雪・星組 次期主演娘役 »

2006年8月27日 (日)

熱性痙攣

甥っ子が入院した。

昨日の夕方に39度を超える熱が出たので、妹が自宅の近くの病院に連れて行こうと思って電話をしたら、夜間救急の当直医が外科の先生だったらしく、うちの近くの市民病院の救急(こちらの当直医は内科の先生)へ行ったらしい。 また何かあったら困るからと、昨日はうちに泊まったのだ。 

今朝になっても熱は下がらず、(本人はふらふらしながらも遊んでいたけど…)、朝食を食べながら、やっぱり病院に行こうという話をしていた…その時だった。

私の膝の上に立っていた(座ったり立ったりして遊んでたんだよ)甥っ子が、急に動かなくなった。 …彼の今のお得意技は、動いたかと思うと、急に止まる変な踊り(なんだと思う)をすることだ…  当然それをやっているんだと思った私と妹は、『ちゃんと座ってご飯食べなさいよ~』などと言っていたのだが、母が、『ちょっと!!変よ!!』と叫んだ。

確かに止まっているというよりは、硬直していて、机についた手もびくともしない。視点があっていないのか、瞳も動かない。私達には、喉に何か詰まって息ができない状態にしか見えなかった。

もうそれからの数分間、我が家は大パニック状態。母と妹は、口をなんとか開けさせようとして(歯を食いしばった状態で、何をやっても開かないのだ)甥っ子と格闘し、私は初めて119番に電話をかけた。何を言ったんだかよく覚えてないけど、電話の向うのおじさんに、何度も『落ち着いて下さい』と言われた。(落ち着いていられるか!!) 

救急車が来た時には、すでに口の中の物を全部吐かせていたので、そのまま病院へ。先生(小児科部長の先生だった)に状況を話したら、『それは、誤嚥ではなくて熱性痙攣が起こったんだろう。窒息状態なら、もがいたり、首(胸)に手を当てたりする動作をしたりするけど、歯を食いしばって体も固まっていたとなると、ひきつけと言うか痙攣が考えられる。まぁ、様子見に3・4日入院してね。』と言われた。

とりあえずほっとしたけど、こわかったよぉ…(T_T)。

« チョキ! | トップページ | 雪・星組 次期主演娘役 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123981/11672754

この記事へのトラックバック一覧です: 熱性痙攣:

« チョキ! | トップページ | 雪・星組 次期主演娘役 »