2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月26日 (火)

ハンドメイド・・・?

060926_2056 せっかくミシンを出したので、小さな布バッグ(と呼べるのかどうか)を作ってみた。

でもね。ミシンを使ったのは、本体の布を重ねて縫う時のみで、刺繍と持ち手は手縫い。やっぱり、長年ミシンなど使ってないからうまく縫えないんだよねぇ(←言い訳?)。直線縫いのはずなのに、あらぬ方向に線が出来ていく…(゜-゜)

こんなことしてたもんだから、まだ宿題やってないんだよ。ミシンじゃなくて、手で縫おうかな…。

2006年9月19日 (火)

ミシン

060919_1741_1押入れからミシンを引っ張り出してみた。何年製だか分からないが、《電子ミシン》とか《コンピューターミシン》じゃなく、ただの《ミシン》で、恐ろしく古いことだけは確かだ。それにめちゃめちゃ重い。

今日は仕事が休みなので、買い物にでも行こうかと思っていたのだが、宿題があることに気付いてしまった。宿題というのは、10月に行われる発表会で、衣装として使う布の端がほつれてこないように縫うことだ。「なんだ~、端を縫うだけなら簡単じゃ~ん♪」などと思っていたのだが、ミシンを出した後気がついた。

どうやって動かすんだったっけ…( ̄- ̄) 

最後にミシンをさわったのは何年前のことだったっけねぇ…。糸の通し方やら、そういえば下からも糸を出すんだったとか、かれこれ約40分。やっと縫える状態になったので、ちょっとやってみたら(もちろん違う布でだよ)、直線縫いのはずが曲がる曲がる。くねくね曲がるんだよねー。

ははははは…(TOT) 今日から練習だ。

2006年9月18日 (月)

またまた20歳!

『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』、本日の脳年齢チェックで、“20才”になった♪

今回のソフトは、トレーニングが前回のよりちと難しい(-ω-) 〈高さ数え〉とか〈算術記号〉や〈記憶加算〉の難しいバージョンとか、なかなか早くできないんだよなぁ…。脳年齢チェックも、漢字を覚えるのがうまくいかない。まだ、最後のトレーニング〈英単書取〉ができないので、これからも続けよう!

台風 蜂の巣 宝塚

今回の台風、九州地方で猛威を振るっているのだが、明日(もう、今日か)は日本海の方へ移動するらしい。うちの地方には来ないようだ。(まぁかなり強い風は吹いてるけど。)

台風が来ないといえば、今年、うちの庭の南側の椿の木に、スズメバチが巣を作った。(私は実際には見てないけど、相当大きかったらしい。)それを駆除してくれた業者さんの話では、「蜂が南側に巣を作る年は、台風が来ない」んだそうな。

さてさて、今日はわたる君の宝塚大劇場卒業の日。さっきネットの天気予報を見たら、宝塚市は“曇り”になっていた。雨が降らないといいね。

2006年9月12日 (火)

星組 「愛するには短すぎる」 その2

あっという間に過ぎたといえば、ショー(レビュー)『ネオ・ダンディズム!』。もっと観ていたい、何度も観たいと思えるショーでした。

最初の場面、緞帳が上がると、チャイナ服っぽい衣装の男役さんたちが大階段からずらっと並んでて、踊りだすの。もうそれだけで、“キャー!!!”。

宝塚の何が好きって、男役の群舞(黒燕尾着てたらなおよい)とロケットが好きなんだよ、私は。 

…。

まぁそれはおいといて…。

このショーで一番好きな場面は、第5章“惜別-オマージュ-。わたる君が出てくる時の背景が、流れ星が落ちると映像が現れるという仕組みになっててキレイだった。もちろん、とうこちゃん+コーラス(歌手)の皆さんの歌もすごかった。あとは、最後の場面。真っ白いお衣装でデュエットダンスが終わった後、わたる君が銀橋に出てきて深々とお辞儀をするのね。あぁ、これが最後なんだなぁ…と思うと、なんかぐっときてしまいました。さよなら公演って、やっぱりどこか寂しいものがあるよね…。(そうそう、デュエットダンスといえば、となみちゃん体を反らせた時(だったと思う)、一瞬倒れそうだったけど大丈夫だったのかな。)

わたる君は背も大きいし、なんていうのかなぁ、“ダイナミックな踊り”で、かっこいい。とうこちゃんはやっぱり歌の人。私はとうこちゃんの声が大好きなので、今回のショーで、いっぱい歌が聞けて大満足。特に、『All by myself』は好きな歌なので、すごくうれしかった。歌といえば、麻尋さん。上手ですね~。『花舞う長安』の時、丁寧に歌ってるなぁと思ったけど、今日、銀橋で5人組(1人+4人)の場面、上手な人がいると思ったら麻尋さんだったの。でもね。その後の銀橋の場面でも思ったんだけど、男役にしては、なんか動きが可愛すぎるような気がするんだよ…。がんばれ~。可愛いといえば、南海まりちゃん。ちょっと娘役さんにしては大きいけど、あの笑顔はほっこりします♪

わたる君と星組生の皆さん、最後までがんばってくださいねー!

星組 「愛するには短すぎる」 その1

本日は、大劇場へ星組公演『愛するには短すぎる/ネオ・ダンディズム』を観に行ってまいりました。ので、その感想など…。

まずは 『愛するには短すぎる』。 幕開きがちょっと変わってて、舞台上でとうこちゃんが一人歌ってて、それにかぶるようにわたる君の開演アナが流れて、お芝居スタート。フレッド(わたる君)とバーバラ(となみちゃん)のラブストーリーと、フレッドとアンソニー(とうこちゃん)の男の友情 を中心に話は進んでいくんだけど、どうみても芝居の半分(以上?)はコメディーなんじゃないの!ってな感じで、たくさん笑わせていただきました(`▽´)/ 

わたる君ととうこちゃん二人の場面がたくさんあったけど、どの場面も息がぴったりあってて、男同士の友情っていいねぇ…と思ったよ。それから、やっぱり未沙さん。台詞回しといい、間のとり方(突っこみ方?)といい、ほんとにうまい役者さんです。となみちゃんも、とっても綺麗でした。最後のわたる君と別れる場面、“バーバラよく我慢したね…”と思えて、ちょっと悲しくなりました('-')

 礼音君はかっこいいね。歌もうまいし。なんかぱっと目立つの。しいちゃんも“すごく張り切った船長さん”というのが似合ってました。 あとは…、船上での出来事(人間模様)というお芝居だから、いろんな人が出てくるのは分かるんだけど、涼さん・和さん・うめちゃんのグループの話は、笑えたし納得もしたけど、なんだかなぁ…って感じだった。 

でも、ほんとにおもしろかった。1時間35分が、あっという間に過ぎていっちゃった。 

ショーの感想は、また後で。

2006年9月10日 (日)

田川啓二 新作展

060910_1118 昨日、田川啓二さんの新作展に行ってきた。前に、テレビ番組で田川さんの特集を見たことがあったけれど、作品を実際に見るのはこれが初めて。

とにかく綺麗で豪華だった~。私が一番素敵だなと思った作品は『葵祭(り)』。とっても色が綺麗だった。行列の人物(また、これがすごく小さい)の刺繍が細かくて、ほんとにすばらしいんだよ。もちろん手作業だよね….。完成させるのにいったいどれぐらい時間がかかるんだろう。

ドレスも何点もあってどれも素敵だったけど、びっくりしたのは2億円のウエディングドレス(画像左上の作品)。2億円だよ。2億円。(何度も書くなよ…) はぁ~。いろんな意味で、ため息の出ちゃう作品展だった。

ちなみに、名古屋(栄)の松坂屋では明日(11日)まで。その後9/27~10/2まで大阪心斎橋の大丸でもこの作品展が開催される。

2006年9月 6日 (水)

また、退団

今日も、携帯に『退団お知らせメール』がきた。退団するのは宙組主演娘役・紫城るいちゃん。 かしげちゃんが退団するから、一緒にってことなのかな。

今回のかしげちゃんと紫城るいちゃんの退団は、本人の意思なんだとは思うけど、宝塚の人事(っていうのかな)って、いったいどうなってんだろう。

それにしても、今年は男役・娘役トップの退団ラッシュ。宙・星(わたるさんだけ)・雪・そしてまた宙。 こんなに退団が続いたことって、今までにあったんだろうか…。

2006年9月 5日 (火)

かしげちゃん退団

携帯に、『貴城けい退団のお知らせ』メールが届き、めちゃめちゃびっくりした。ほんとにびっくりした。だって、この間『主演男役』に就任したばっかじゃん…。

最近では、さえこさんの『2作で退団』、その前に、ぶんちゃんと匠さんの『1作で退団』っていうのがあったけど、トップの期間があんまり短いのもなんだなあ…と思ってたから、なんか悲しい。もしかして、これから就任するとうこちゃんや水さんにもそういう可能性があるってことなのかな。 うーーー ( ̄- ̄)

2006年9月 1日 (金)

退院

甥っ子が退院した。退院はうれしいが、なぜか妹と甥っ子はうちに戻ってきた。しばらくいるらしい。

『先生に、当分人ごみに連れて行っちゃだめだって言われたの。そしたら、買い物にも行けないじゃん(スーパーとかもダメらしい)。来週診察あるしさ。』 と妹は言う。 確かに、甥っ子は1歳半。買い物に行くときにお留守番させられるような年じゃない。うちに来るのも当然と言えば当然(なのか…?)。

うーん。お守り生活スタート(?)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »