2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

次期宙組主演娘役

夕方、携帯に“次期宙組主演娘役内定”のお知らせメールが来たので見てみたら、なんと!『陽月華』と書いてあるではないですか (・◇・)!
う~ん、うめちゃんなんだ~。そうかぁ…。
あ。うめちゃんが娘役トップになるのは、もちろんめでたいことなんだよ。ただ、なんとなく組内から決まるのかなと思ってたんだ…。

でも、タニちゃんとはお似合いだと思うな。うめちゃん背が高いしね。この間の星組公演の時は、びっくりするくらいやせちゃってたけど、がんばってほしいです♪

2006年11月29日 (水)

UFOキャッチャー

061128_2209_1 UFOキャッチャーで、“ロディに乗ってるキティちゃん”のぬいぐるみをゲット(^-^;)

月曜日に、妹と甥っ子と『イオン』にお買い物に行った時に、ちょっと見てみようかと館内にあるゲームセンターに行ったのね。

すごくたくさんの種類のUFOキャッチャーがあったんだけど、甥っ子がこれを見つけて、「ロディ!ロディ!」と言うので、「よし、取ってやるぞ」と挑戦したら、なんと1回で取れたんだ~。UFOキャッチャーって、数回しかやったことがなくて、しかも一度も取れたためしがなかったからちょっとうれしい。甥っ子も喜んでくれたし♪

しかし。最初は喜んでいた甥っ子だったが、次に行ったおもちゃ屋さんで、大好きなトミカやトーマスを見ているうちにロディの存在は忘れたようで…。

まぁ。いいんだけどさ…( ̄- ̄)

2006年11月28日 (火)

だんちゃん

今日(27日)のSMAP×SMAPの“ビストロスマップ”のコーナーのゲストは、だんちゃん(檀れい),笹野高史さん,桃井かおりさん『武士の一分』の出演者3人。桃井さんはほんとに個性的~。笹野さんは“おもしろいおじさん”でした。だんちゃんはやっぱり綺麗。今日は、髪型と着物のせいかもしれないけどすごく大人っぽくて(大人なんだけどね…)、落ち着いて見えた。

だんちゃん、これからテレビに出ることも多くなるんだろうね(ドラマに出たりするのかなぁ)。“すごーいファン”っていう訳ではないのだけど、(でもね。表紙から綺麗だったもんだから、サヨナラ写真集は思わず買ってしまいました…(^_^;))好きな娘役さんだったので、活躍してくれたらうれしいな。

2006年11月25日 (土)

チェオクの剣

うちの母は、『チャングムの誓い』と『チェオクの剣』が好きである。他の韓国ドラマは全然興味がないのに、この2本だけはかかさず見ていた。

先週の土曜日に『チャングムの誓い』の再放送が終わって、「あー、終わっちゃった…。」と残念そうにしていたのだが、さっき居間に行ったら、「今日からチェオクやるんだよ~」とテレビを見ていた。

よかったねぇ…お母さん。NHKさんありがとう。

私は、『チェオク~』を見たことがありませぬ(∵)。今日の放映は、なにやら特別放送らしいので、来週の第1話から見てみようかな…。

2006年11月22日 (水)

武士の一分

061121_0158 061121_015800

昨日、『武士の一分』の試写会に行ってきた。だんちゃんが出演してるからぜひ観てみたい!と思って応募したら、運よく当たったの( `ー´)

いやぁ。よい映画でした。おもしろい台詞のやりとりが結構あったり、思わず笑ってしまう場面もあるのだけど、主人公の三村新之丞(木村拓哉)と、妻・加世(檀れい)のお互いを想う気持ち(夫婦愛)に感動して思わず泣いてしまう場面も…(特にラストはボロボロ泣けます)。それに、ストーリーもよいのだけど、どの俳優(女優)さんも、演技が個性的ですごくうまいの。特に、『徳平』役の笹野高史さん、『三村新之丞のおば(名前が分かんない…)』役の桃井かおりさんが、印象的だった。

061122_0210061122_0211

主演の木村拓哉さんは、もともとかっこいいから、多少変な髪型でも、お衣装の着物が小汚くても、やっぱりかっこいいし、うまいんだけど、なんだろう…。演技が自然(すぎる)なのか、本人の個性がものすごーく強いのか、『三村新之丞』というより『木村拓哉』に見えちゃうところがあったかな。(でも、すごくよい役なんだよ)

だんちゃんはとっても綺麗だった(“すごい美人の奥さん”という設定だしね)。ふわっとした優しさと、夫を守りたいという強さをあわせ持った“夫を想う妻”そのもの。上手でした。それに、ちょっとした手の動きとか、細かいしぐさもほんとにきれいだった。(帰り道で、「加世役の人ってきれいね~」と話してる人がいて、なんかちょっとうれしかった)

ほんとに楽しい2時間1分でした♪

ところで。私は全くといってよいほど映画を観に行かないんだけど(映画は好きだけど、映画館で観るのがちょっと苦手)、今回の試写会の会場が映画館だったもんだから、ものすごーーく久しぶりに映画館に行ったのね。そしたらさ。全席指定なの。しかも座席が具体的に選べるの。

いい時代になったねぇ…(←いくつだよオマエ…( ̄- ̄))

2006年11月21日 (火)

ネコ対決?

061121_1621 テラスに、

←野良ちゃんと思われるネコと

061121_1620 ←どこかで飼われてるんだろうなと思われるネコが

061121_1622 ←2時間近くこんな状態で座ってた。

これって、にらみ合い?

2006年11月20日 (月)

知多半島でお買い物

本日(19日)は、妹と甥っ子と母と(いつものメンバー)美浜インターのすぐそばにある『えびせんべいの里』(美浜本店)に行ってまいりました。ここのおせんべいはよく食べるんだけど(セントレアにも売ってるからね)、本店に行くのは、私は初めて。 日曜だけど雨なのに(…雨だから?)たくさんの人がおせんべいを買いに来てました。なんと、(観光)バス専用の駐車場もあって、ちょっとびっくり。

ほとんどのおせんべいの試食ができて(…というか、食べ放題状態って感じがした)、そのうえ休憩コーナーではお茶やコーヒーも無料でいただけてしまう(こちらも飲み放題…)。なんだかすごいところだった…┌|∵|┘

いろいろ買ってきたけど、『堅焼いかみりん』と『はませんのり味』が私は好きかな。ちなみに妹は『多幸』がお気に入り。そうそう。休憩コーナーの隅っこで『イカのワイン焼き』なるもののが売ってたので食べてみた。見た目はちょっと…だけどピリ辛でおいしかった。

その後『魚広場』へ。ここも名前はよく聞くけど、初めて行きました。想像してたより小さな場所だった(魚市場みたいに…というか、もっとずらっとお店が並んでるのかと思ってた)けど、人はいっぱいいた。

いっぱいといえば、鳥がすごかったよ。魚広場の付近の空をものすごい数の鳥が飛び回ってて、ヒッチコックの《鳥》のようだった。今日は空も暗いし、ちょっと怖かった(ーー;) 

そして、最後に『ナチュラル村』へ。ここも、名前は知ってるけど行くのは初めて。名前の通り『自然』食品メインのお店。手作り雑貨も売ってました。ここでは、お野菜とパンを購入。おなかがすいたね~と、隣のヘルシーレストラン「合掌館」で食事をしようと思ったら、「お食事は3時で終わりです」と言われてしまった(゜-゜) 確かに、3時ちょーっと過ぎだったんだけどねぇ…。残念。

ま。でも、私にとってはどこも初めての場所で楽しかった♪

2006年11月16日 (木)

宝塚公式ページ

今日(今さっき)気がついたんだけど(遅い?)、公式のトップページのトップさんの画像(←アクセスする度に変わるやつね)が、とうこちゃんだった。

ほんとにトップさんになったんだねぇ。うれしいよぉ~\(TOT)/

そうそう、一昨日宝塚に行った時に、『ヘイズ・コード』のチラシが欲しかったので、劇場の案内所(インフォメーション)のお姉さんに尋ねたら、「お配りしてたんですけど、なくなってしまって…」と言われたのよね。残念(-ω-)

残念といえば、実はワタクシ、『ヘイズ~』のチケットもってないんだよ (ーー;) でも、まだ公演まで日があるし、チケット探して絶対観に行くんだ!

2006年11月15日 (水)

宙組 「維新回天・竜馬伝!」その2

さて。

ショーはタイトルが『ザ・クラシック-I LOVE CHOPIN-』。その名の通り、クラッシックの曲…特にショパンの曲がたくさん使われたショーだった。私は職業柄、ショパンの曲もよく弾くので“エチュード”や“バラード”も使われてて、ちょっとうれしかった(ああいうアレンジの仕方もあるんだ~と思ったりね)。

プロローグとフィナーレの大階段の場面のお衣装は軍服。宙組は背の高い生徒さんが多いからかっこいい!夜会の場面もきれいだった(最後はちょっとおちゃめに終わるんだけどね)。私はロケットが好きなんだけど、お衣装が白のチュチュ(白鳥の湖のような)で、ちょっと変わってたかも。

やっぱりかしげちゃんはきれいでかっこいいよ。日本物も似合うけど、軍服や燕尾のお衣装もすごく似合う。ほんとに王子様だよ~。ラストの銀橋で歌う場面、よい曲だし、かしげちゃんうまいんだけど、歌詞がまさに『サヨナラ公演』用で、ちょっと悲しくなっちゃう…。

で、お芝居の感想にも書いた『色』のことをちょっと…。

はっきり言って、ショパンとサンドの場面のかしげちゃんのお衣装はおかしい。デザインもさることながら『色』が変。この場面のかしげちゃんの役は 『ショパン』なんだけど、 《テカテカ紫の服・ギラギラピンクの模様付き》 を着てるんだもん。「おいおい、ショパンじゃないのかよ…」と、目が点になってしまった。さらにその後にショパンを囲んで『音楽の精』が踊る場面へと続くんだけど、この時の『ショパン』は、さらに先程のお衣装の上に 《テカテカ黄色の上着・金色フリンジ多数付き》 をまとっているのだよ…。しかも、周りで踊っている『音楽の精』のお衣装が、私には、お母さん世代の着る夏物の花柄パジャマの様に見えた(ーー;) うーん。

そうそう。この場面で歌を歌ってた娘役さんは上手だったよ♪

全体的に、なんとなくまとまってるような…まとまってないような…、なんといってよいのかわかんないショーだったけど、かしげちゃんのトップとしての公演が観られてよかった(。・_・。)

2006年11月14日 (火)

宙組 「維新回天・竜馬伝!」その1

本日は、宙組の公演を観に大劇場へ行ってまいりました。ので、その感想など…。(宙組観劇は今日が2回目(前回観たのはファントム)なので、生徒さんの顔と名前はほとんど一致しないんだけど、まぁ思ったことなど書こうかな。)

かしげちゃんの『お披露目&サヨナラ公演』。

お話の内容は、タイトル通り『竜馬伝』。黒船が日本にやって来た頃~竜馬が暗殺されるまでの十数年間の出来事を“1時間35分に(超駆け足で)まとめてみました”みたいな感じ(^_^) 

場面転換(というか、暗転ごとに場所が変わるので)上手のセットのところに、その場面の場所の名前「大阪城」とか「薩摩藩邸」とかと書いてあったのがちょっと笑えた(分かりやすいといえば、分かりやすいんだけどねぇ…)。笑えるといえば、このお芝居、笑える場面もたくさんあった(“青春グラフティー”だから?!)。

かしげちゃんの「竜馬」は、ちょっとお茶目な感じが強かったけど、“ほんとに(竜馬って)かっこいいし、いいやつだよね”と思える演技だったと思う。あのざんばらポニーテール(?)も似合ってた。 

るいちゃんは、声がちょっとマンガチックだけど、うまい役者さんだなぁと思った。私が思ってた「お龍」のイメージとは違ったけど、しぐさがすごくかわいかった♪

タニちゃん、トム君はじめ、他の生徒さんも、みんな丁寧に台詞を言っていたような気がする。(日本物ってこともあると思うけど)きちっとした芝居をしてるって感じがした。それから、立ともみさん,邦なつきさん,そして、まりえさんとすっしいさん(組長さんと副組長さん)、ほんとにうまいですヽ(`▽´)/ 

そうそう。余談だけど、最後の竜馬が暗殺される場面。たーたん(香寿たつき)が主演した『天翔ける風に』のラストの竜馬暗殺の場面を思い出しちゃった。似てるんだよねぇ…(私はこの『天翔る~』ラストシーンぼろぼろ泣きました)。

それから、エピローグ。踊ってる娘役さんたちの着物の色を変えたほうがよいのでは…と思ったよ。

『色』といえば…。

ショーの衣装の色だよ。ありゃないよ…。ショパンじゃないよ…。

ってことで、ショーの感想はまた後で。

2006年11月12日 (日)

イルミネーション

061111_1947 JR名古屋タカシマヤ(タワーズ)のイルミネーション(タワーズライツ)。

昨日(11/10)~来年1/8まで開催だそうです。

2006年11月10日 (金)

ミスドの手帳

061110_1718 ミスドの手帳をゲットした。

妹がポイントカードを6枚持っていたので、今日、さらに2枚分のお買い物をして、ピンク色の手帳をもらってきた。

061115_0029 061115_002900

←中身はこんな感じ。

2006年11月 9日 (木)

寒い…

急に寒くなった。

仕事が休みだったので、夏物の残りをしまって冬服を引っ張り出した。寒いのは苦手だが、冬服は好き(毛糸のモコモコ感が好き)なので、これからの季節は楽しみだ♪

2006年11月 7日 (火)

宙組 次期主演男役

夕方、携帯に『次期宙組主演男役に大和悠河』の内定メールが来た。タニちゃんおめでとう♪今回、主演娘役の発表はなかったけど、宙組の中から決まるんだろうか。

でも。ほんとにかしげちゃんは一作なんだなぁ…と、メールを見てあらためて思ったよ…('-') 来週は大劇場に『かしげちゃんの宙組』を観に行くぞ。

『はたらくくるま』とコレクション

甥っ子は、『はたらくくるま』(3部作…“はたらくくるま2”と“はたらくくるま3”があるのだ)という歌が大好きだ。自分の家でも毎日のように見ているらしいが、うちに来ても「見る~!!」という。なので、前に『Myポンキッキ』という番組から録画しておいたものを見せている。

甥っ子はこれを見るとき、必ずトミカを用意するのだ。そして、画面に出てくる車と同じトミカを手に持っては「いっちょ、いっちょ(一緒って言ってるんだと思われる)」と言う。しかし、画面に出てきた車が、自分のトミカコレクション(?)の中にないと、「ないねぇ~」と、私を見る。

061105_2313_1 うーん、これは買ってやらねば(←おばバカ)

ということで、また彼のトミカコレクションは増えたのである。

061031_1632 ←このトミカコレクションの持ち主です。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »