2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« ハケンの品格 | トップページ | 雪組『星影の人/Joiful!!Ⅱ』その2 »

2007年2月16日 (金)

雪組『星影の人/Joiful!!Ⅱ』その1

4日前のことになりますが…。

ラッキーなことに友人がチケットをくれたので、12日に“水さん・雪組トッププレお披露目公演” 『星影の人/Joyful!!Ⅱ』 を観てきました。ので、その感想などを…。

お芝居『星影の人』は、いつもよりちょっとだけ長い1時間40分。

水さんの“沖田総司”は、純粋な青年…というかまだ少年のような総司で、とてもさわやかに演じられていたと思います。となみちゃんはすごく色っぽい芸妓さんで、「玉勇姉さん」というのがぴったりでステキでした。

娘役さんの出番が比較的多いなぁと思って観てたけど、その中でも“染香”の灯さん、“加代”の花帆さん、それから、プロローグの場面で歌を歌われてた芸妓役の純矢ちとせさんが印象に残ってます。

水さん以外の男役さんでは、なんといってもハマコさん!ショーでも歌い手として大活躍だったけど、彼女はお芝居の人だなぁと思いました。ゆみこさんの土方も渋くてよかったのだけど、なにせ見せ場らしい見せ場がないというか…ちょっと印象が薄かったかも。山南役の彩那さんは、ちょっと弱々しそうでした。明里(涼花さん)と一緒の場面が多かったけど、涼花さんの演技しか覚えてない…(ごめんなさい)。

でも、お話としては分かりやすかったし、最後も泣けるし(玉勇さんがねぇ…)、よかったと思います。

« ハケンの品格 | トップページ | 雪組『星影の人/Joiful!!Ⅱ』その2 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123981/13930726

この記事へのトラックバック一覧です: 雪組『星影の人/Joiful!!Ⅱ』その1:

« ハケンの品格 | トップページ | 雪組『星影の人/Joiful!!Ⅱ』その2 »