2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 星組『スカーレット・ピンパーネル』その1 | トップページ | 8月でございます。 »

2008年7月30日 (水)

星組『スカーレット・ピンパーネル』その2

では。

感想など…think

お話は分かりやすく、変な暗転もなく場面展開もスムーズ。どの曲もほんとに良いし、お衣装も豪華(特にあすかちゃんのドレスはめちゃめちゃ素敵だったshine)。

パーシー(とうこちゃん)&ピンパーネル団の変装、ピンパーネル団の恋人達(みんなかわいかったですheart04)、群舞&コーラス(民衆)、とにかく見所・聴き所満載。1幕も2幕もあっという間に終わってしまったという感じで、昨日も書いたけど、ほんとに良い舞台でした。

まず、とうこちゃん。

素晴らしかったです。

“パーシー”という人物を、本当にうまく演じてたなぁと思います。

それと、“グラパン”最高ですcatface

そして、彼女は、ほんとーーーに歌がうまい。声が綺麗だし、歌に表情があるというか、語りかけるというか、『歌』なんだけど、ただ『歌』というだけでは終わらないというか…うまく書けないけど…なにかスーッと心に入ってきます。

あすかちゃん。

奥様役が似合います。…っていうか、落ち着いた役が合うのかな。彼女も歌がうまい。特に1幕で歌う「あなたを見つめると」が好き。とうこちゃんとのデュエットも、聴いていて気持ちよいです。

礼音君。

いやぁ。すごくよかったです。

“礼音君”といえば“元気な子”という印象しかなかったんだけど(ゴメンナサイcoldsweats01)、今回はなんかこう、歌といい芝居といい、迫力があったというか迫ってくるものがあったというか、とにかくかっこよかった。(ただ…、どの歌も同じようになっちゃってるような気がしたので、もうちょっと感情をぐわーっと出さない歌い方っていうのもアリかな…なんてちょっと思ったけど)

ピンパーネル団の方々とその恋人の皆様は、それぞれかっこよい殿方と美人のお嬢様集団で…coldsweats01、微笑ましかったです。1幕の“スカーレットピンパーネルは誰か”という話しをしている、娘役さんだけの場面がかわいらしかった。

フィナーレは、礼音君の『ひとかけらの勇気』からスタート。(この歌の時の礼音君は、ちょこっと“元気な子”的な感じがしましたcatface)続いてロケット。“スカーレット・ピンパーネルのイメージのロケット”とプログラムには書いてあったけど、インディアンのようなお衣装に見えてしまった私…。

娘役さんに囲まれたとうこちゃんの歌(ソロ)、男役の群舞…サーベル持って踊ってました。そしてデュエットダンス…大人な雰囲気で綺麗でした。

何度も何度も書きますが、

ほんとに楽しくて、素敵な舞台でしたshine

« 星組『スカーレット・ピンパーネル』その1 | トップページ | 8月でございます。 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123981/42010533

この記事へのトラックバック一覧です: 星組『スカーレット・ピンパーネル』その2:

« 星組『スカーレット・ピンパーネル』その1 | トップページ | 8月でございます。 »