2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年2月

2011年2月15日 (火)

ポケットティッシュケース

ポケットティッシュケースを作ってみました。

110215_180141_10

作ったといっても…

あまってた布をちょろっと縫って、

髪飾りを作ろうと思って、ずいぶん前に買った

バラのリボンモチーフを付けてみただけなんだけどねcoldsweats01

2011年2月13日 (日)

星組 愛するには短すぎる/ル・ポアゾンⅡ その3

さて。

ショーもお芝居と同じく再演もの、『ル・ポアゾンⅡ』(初演は1990年月組)。再演といっても、初演の『ル・ポアゾン』そのままではなく、『ナルシス・ノアール』(1991年星組)の何場面かを差し替えたものらしいです(私は両方とも観たことないので今回が初観)。

礼音君のダンスよいですねぇ。あ。でも、闘牛士のところのマント捌き(?)が、なんともぐちゃぐちゃ~っとしてたのが気になって仕方なかったけどcoldsweats01 歌もうまい。礼音君の歌い方が好きです。なんかね、フレーズの終わり方がなんともやさしいの。

かなめ君は、やっぱりどの場面も出てきだけで華があります。でも、お歌はちょっと苦手かも。声はよいのだけど、聴かせる歌い方ではなく、『言葉を一言ずつ丁寧にメロディーにのせました』な感じがしちゃいました。お歌…といえば、ねねちゃんも、もうちょっとがんばってほしいなぁ。

まやさんは、お芝居もショーも存在感抜群でとにかく面白かったです。第12場のちぐさんにもびっくりhappy02楽しませていただきました。

13場の娘役さんで、すっごい笑顔が素敵な方がいて、じーっと見ちゃったんだけど、どなただったのかが分からず…ちと残念think 

全体的に、ちぃっと古い感じはしましたが…

舞台も(大劇場に比べたら)狭いし出演者も少ないけど、パワフルかつ素敵なショーでしたshine

星組 愛するには短すぎる/ル・ポアゾンⅡ その2

それでは…遅くなりましたがsweat01感想など。

お芝居は正塚先生の脚本で再演の『愛するには短すぎる』(初演は2006年星組,わたる君の退団公演でした)。

私ね、この作品大好きなんですよ。

台詞回しや話のテンポ・展開がよくて、コメディーでもあり、ラブストーリーでもあり、男同士の友情物(?)でもあり…。全編面白いんだけどほろっとする瞬間もいくつかあったり。

なにより、わたる君(フレッド)ととうこちゃん(アンソニー)の掛け合いがもう絶妙だったしshine

でもでも。

今回の礼音君とかなめ君も、長身コンビで素敵でしたよ。

礼音君。

よかったです。フレッドの気持ちがよく伝わってきたし、落ち着いたお芝居してるなぁと思いました。ただ、何というか…“青年”に見えなくはないけど、どっちかっつーと“少年”に近いというか…(ゴメンナサイ)。

かなめ君。

とにかく美しい。男役さんに“美しい”ってない気がするけど、ほんとに綺麗な方です。ぱっと目がいっちゃうというかね。もうちょっとはじけちゃってもいい役だった気もしたけどね。

ねねちゃん。

大人っぽかったです。スタイルが良いですね~。お芝居は…うーん、結構淡々としてたかなと思うけど、フレッドへの気持ちを抑えてるという点ではよかったのかな。

夢乃さん。

やっぱり礼音君に見える。どーしても一瞬「ありゃ?」と思ってしまうぐらい似てません?coldsweats01私は彼女のお芝居好きです(何処がどう…とは言えないんだけどさ)。

初演を思い出して、この役、前はあの生徒さんがやってたよなぁ…などとちょっと懐かしくなっちゃいましたが、今回の舞台もとても楽しめました。

さて。 ショーの感想はまた後ほど…。

2011年2月 9日 (水)

星組 愛するには短すぎる/ル・ポアゾンⅡ その1

2月でございます。 

今日、中日劇場で星組公演を観てきました。

とうこちゃんの退団から約2年ぶりの宝塚観劇。

やっぱり…

やっぱり…

shine宝塚っていいねぇshine

なんともいえない(?coldsweats01)あの世界がやっぱり好きです。

感想を書こうかなと思いますが、今日はちと仕事が残ってるので

また明日にでも。

そうそう。今日はとよこさんがご観劇でしたhappy01

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »