2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月24日 (土)

サッカー観戦!グランパス!

ものすごーくひっさびさにサッカー観戦(対アルビレックス新潟)に行ってきました。甥っ子と。

ピクシーの引退試合以来の生観戦なので…

瑞穂に行くのは14年ぶりsign02

ピクシーが(選手として)名古屋にやってきてからは、月1ぐらいのペースで瑞穂に行ってたんだけどね…。その頃はチケットが全然取れなくて、電話じゃ無理だからって、ぴあの窓口にチケット発売日の朝早くから並んだものですcoldsweats01

あーんなにはまってたのに、ピクシーが引退したらパタッと観に行かなくなるとは…

なんてやつなんだ…自分sweat02

でも、Jリーグ発足以来、ずーっと名古屋グランパスのファンですsoccer

さて、この日は、楢崎のJリーグ出場600試合出場の記念セレモニーがありました(山口(素弘)さんがお祝いに来てた)。うーん、すごいよね。すごいよ楢崎!

試合は、なんだかちょっとまったり…というかスピード感があんまりないように思えもましたが…、前半リードされたものの後半逆転して、4-2でグランパスの勝利shine

初めてサッカー観戦した甥っ子も楽しかったようで、良い1日となりました。

2015年10月16日 (金)

宝塚観劇と梅田 その② 『北極星』

大阪に行くから、何か大阪らしいものを…と、前回の雪組観劇の時はお好み焼き(桃太郎;梅田ルクア店)を食べたのですが、今回は、オムライスを食べてみようという事になりました。

…。

なぜ、オムライス???

「大阪」はオムライスなのか???

と思って、友人に「なんでオムライスなの?」と聞いてみたら、

「“オムライス”を初めて作ったお店が大阪の『北極星』なんだって」と教えてくれました。

(知らなかった…)

という事で、阪急でコスメ購入後、大阪駅の『エキマルシェ』内にあるというお店を目指したのですが、行ってみてびっくり。数席しかない!しかも満席!すでに8時近くになっていて、おなかもペコペコだったので、新大阪の『エキマルシェ』に移動((新大阪のエキマルシェにも『北極星』はあるのです)。

こちらは空いていて、すぐに注文することができました。
シンプルなお味でおいしかったです。
Img_37271

さて。さて。

今回の宝塚観劇の旅はこれにて終了です。

また次回の観劇を楽しみにしつつshine

宝塚観劇と梅田 その1 『Vi&Da』と『CHICCA』と…

宝塚観劇の時は、新大阪から梅田経由で宝塚に行く為(阪急電車に乗って行きたいのですよ)、絶対通る梅田。

今回も、観劇前と後に梅田をぶらぶらしてみました。

一緒に行った友人が行ってみたいという事で、まず観劇前に『Nu茶屋町』へ。小さ目のビルながら、かわいいお店がたくさんありました。

そこでね、すごーく良い石鹸に出会いました。

Vi&Da』の“クリーンポアーズ”。

小鼻の黒ずみ、毛穴の汚れをしっかり落としてくれるというもので、売り子のお姉さんの説明を聞いてるうちに、欲しいー!となってしまい購入coldsweats01

早速使ってみたんですけど、これね、ほんとに小鼻の汚れが落ちます。洗顔後の白いプツプツ(角栓)が出ないんですよ。
といってもまだ使って数日なので…続けていったらどうなるのか、また書きますpencil

観劇後は梅田阪急へ。

前からどーしても一度『CHICCA』のファンデーションが試したくて。今回やっとお店に行くことができました。
ここのファンデの色合わせは、首じゃなくてデコルテってのに惹かれてまして…

で、ここでもお姉さんに相談して、ちょろっと塗ってもらったりして…購入coldsweats01

今までは、リキッドorクリームファンデを使ってたんですが、今回買ったのは、“ラヴィッシンググロウソリッドファンデーション”。いままでとは違うファンデで、顔にポンポンとスタンプのようにのせていくタイプ…さわった感じもべたっとせず(…ずいぶんしっとりで、少しテカっとしますが)、乾燥肌の私にはちょうどいいかも。

合わせて、チークも購入。
こちらもファンデ同様、スタンプ押しタイプのクリームチーク。色を見た時、
『げ。これ顔に塗るんかい』
と思って、ぎょっとしたんですが、塗ってみたらなんとも自然な感じに。

不器用なんで…sweat01これから練習して(?)きれいに塗れるようにしたいなと思います。

 花組 新源氏物語/Melodia その2

では。

ショーの感想など。

ショーは『Melodia ―熱く美しき旋律―』。

サブタイトルに“熱く”の文字はあったけど、“Melodia”って響きがやさしいし、“美しき旋律”からはなんとなくふわっとしたクラシックの要素を想像していたら…

全然違ってた。

もうねぇ、いい意味で裏切られました。shine花組って凄いのねshine

プロローグから踊る踊る。とにかくスピード感満載に踊るのよ。しかも大勢で…。

ショーで“手に汗握る”って表現もおかしいのかもしれないけど、まさにそんな感じ。もう目が釘付けになっちゃってeye

私はどちらかっていうと、ちょっと幻想的なストーリー性のあるショー(『パッサージュ』とか『ドルチェビータ』とか…古いかなsweat01)が好きなんですけどね…

今回のショーはめちゃくちゃよかったshine

ただ、このショー、場面展開は少なめ。中間のスペインの場面がどこまでもどこまでも続き、次は何かな…と思ったらフィナーレなんだもん(プロローグ→ジャズ→黄金郷→スペイン(ほんとにこの場面は長いです。どこまでも引っ張ります)→フィナーレcoldsweats01

一番のお気に入りは、2章のジャスの場面。かっこよすぎました。

スペインの場面は、生徒さんが入れ替わり立ち代わり銀橋でお歌披露。これだけたくさんの生徒さんが銀橋で何かするショーは初めて観たかも。(…みなさんよい声なんですけど、歌詞が分かりづらい方が結構いらっしゃったのが残念だったかも。)

ロケットはお衣裳も振り付けも可愛かったです。フィナーレの黒燕尾も素敵でした。

良いものを観せていただきましたshineshine

花組 新源氏物語/Melodia その1

10/11(日)、“柚香光さんが気になる!”友人と、『読売ファミリー2階席貸切』の花組公演を観に、大劇場へ行ってきました。

前回の雪組に続いての日本物。

花組は、ほんっとに観に行ったことがないので(…すみれさんがトップの時の公演を2・3作観た程度なんですsweat01)、高翔さん以外は誰も存じ上げません…状態での観劇でした。

お席は当日抽選で、2階席のS・A・B席のいずれかが当たるんだけど、今回はB席の最前列でした。大階段の上の方が見切れちゃったのがちと残念だったけど、全体が見渡せたのたのでよしという事でwink

さてさて。

お芝居は、タイトルに書いた通り『新源氏物語』。

板付きの幕開きがとにかく豪華でしたshine大階段が真っ赤なの(赤い布で覆われてるのよ)。

そこに、色とりどりの平安貴族のお衣裳に身を包んだ生徒さんがずらっと並んで、さながら大きなお雛飾りを見ているようでした。(あ。明日海さんだけは銀橋スタンバイです。)

でも、豪華だったのは最初と途中の宴の場面と最後だけでしょうか…あとはいたってシンプルなセットで、とにかくセリがたくさん上がり、たくさん下がる。盆もくるくる回わってました。

お話は…、源氏物語を知っていれば(…少なくとも、このお芝居に登場する人物の関係を知っていれば)分かる(と思う)けど、予備知識なしで見たら、ちょっとキツイかも…。まぁ『光源氏が次々に恋をして、いろいろ悩む』話だってことは分かるんだけどcoldsweats01

光源氏と恋に落ちる役の娘役さんは、それぞれに見せ場があったので、娘役さんにとっておいしいというか…娘役さんがたくさん活躍する場面のあるお芝居って珍しいんじゃないかな~と思って観てました。

では、主だった生徒さんの感想をちょろっとだけ…

明日海さん。とっても綺麗な光源氏でした。何するにも優雅なんだよ。うん。
声もよいし、歌もお上手だし。素敵な男役さんですねshine

花乃さん。落ち着いた女性を演じてらっしゃいました。役柄的に仕方ないんだろうけど、お母さんみたいでした(ゴメンナサイsweat02)。
パンフレット(プログラム)のお稽古の写真が、とってもかわいいかったので、ちょっともったいない感が…bearing

芹香さん。幕開きのお歌が素敵でした。コミカル要素(?)のある役なので、幕開きのりりしさとのギャップが微笑ましかったですconfident

柚香さん。女役(六条御息所)と男役(柏木)の2役されてました。女役の時の迫力(怖さ)と、男役の時の強さ(…っつーか強引さ?)どちらもよかったです。

ショーの感想はまたあとで。

2015年10月10日 (土)

10月でございます

はい。

10月になっちゃいました。

実は本日誕生日でして、また1つ年をとっちゃいましたcoldsweats01

まったくと言ってよいほど成長しないのに、年だけとっていくってねぇ…

はぁ…gawk

とにかく。

この1年は、何事にも「全力で」を目標に、ぜひ来年の誕生日には「ちょっとは成長した自分」になっていられるように日々頑張りたいと思います。

がんばれ。わたし。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »