2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 10月でございます | トップページ |  花組 新源氏物語/Melodia その2 »

2015年10月16日 (金)

花組 新源氏物語/Melodia その1

10/11(日)、“柚香光さんが気になる!”友人と、『読売ファミリー2階席貸切』の花組公演を観に、大劇場へ行ってきました。

前回の雪組に続いての日本物。

花組は、ほんっとに観に行ったことがないので(…すみれさんがトップの時の公演を2・3作観た程度なんですsweat01)、高翔さん以外は誰も存じ上げません…状態での観劇でした。

お席は当日抽選で、2階席のS・A・B席のいずれかが当たるんだけど、今回はB席の最前列でした。大階段の上の方が見切れちゃったのがちと残念だったけど、全体が見渡せたのたのでよしという事でwink

さてさて。

お芝居は、タイトルに書いた通り『新源氏物語』。

板付きの幕開きがとにかく豪華でしたshine大階段が真っ赤なの(赤い布で覆われてるのよ)。

そこに、色とりどりの平安貴族のお衣裳に身を包んだ生徒さんがずらっと並んで、さながら大きなお雛飾りを見ているようでした。(あ。明日海さんだけは銀橋スタンバイです。)

でも、豪華だったのは最初と途中の宴の場面と最後だけでしょうか…あとはいたってシンプルなセットで、とにかくセリがたくさん上がり、たくさん下がる。盆もくるくる回わってました。

お話は…、源氏物語を知っていれば(…少なくとも、このお芝居に登場する人物の関係を知っていれば)分かる(と思う)けど、予備知識なしで見たら、ちょっとキツイかも…。まぁ『光源氏が次々に恋をして、いろいろ悩む』話だってことは分かるんだけどcoldsweats01

光源氏と恋に落ちる役の娘役さんは、それぞれに見せ場があったので、娘役さんにとっておいしいというか…娘役さんがたくさん活躍する場面のあるお芝居って珍しいんじゃないかな~と思って観てました。

では、主だった生徒さんの感想をちょろっとだけ…

明日海さん。とっても綺麗な光源氏でした。何するにも優雅なんだよ。うん。
声もよいし、歌もお上手だし。素敵な男役さんですねshine

花乃さん。落ち着いた女性を演じてらっしゃいました。役柄的に仕方ないんだろうけど、お母さんみたいでした(ゴメンナサイsweat02)。
パンフレット(プログラム)のお稽古の写真が、とってもかわいいかったので、ちょっともったいない感が…bearing

芹香さん。幕開きのお歌が素敵でした。コミカル要素(?)のある役なので、幕開きのりりしさとのギャップが微笑ましかったですconfident

柚香さん。女役(六条御息所)と男役(柏木)の2役されてました。女役の時の迫力(怖さ)と、男役の時の強さ(…っつーか強引さ?)どちらもよかったです。

ショーの感想はまたあとで。

« 10月でございます | トップページ |  花組 新源氏物語/Melodia その2 »

宝塚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123981/62457367

この記事へのトラックバック一覧です: 花組 新源氏物語/Melodia その1:

« 10月でございます | トップページ |  花組 新源氏物語/Melodia その2 »