2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

最近のコメント

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

『サン・ジュスト』といえば…

そうそう。 
 
『ひかりふる路』で朝美絢さんが演じる“サン・ジュスト”といえば… 
 
池田理代子さんの漫画『おにいさまへ…』に出てくる  
 
“サン・ジュスト様”(朝霞れい)。  
 
初めてあの漫画を読んだ時の衝撃ったら…  
 
 
お話(登場人物)の設定のドロドロさ。 
 
女子高(お嬢様学校)の恐ろしさ。
 
ほんとーにびっくりした記憶があります。  
 
その中でも特に衝撃的だったのが、“サン・ジュスト様”。  
 
どこからどう見ても美少年。  
 
 
というか…  
 
いや。 
 
この人、絶対女子じゃないし。 
 
 
と、思いながら読んでた記憶があります。  
 
さて。 
 
朝美さんはどんな“サン・ジュスト様”になるんでしょうねconfident
 

雪組 ひかりふる路 配役発表

日付が変わり、昨日のことになりますが、  
 
ひかりふる路の配役発表がありましたね。
 
マクシミリアン・ロベスピエール    望海 風斗
マリー=アンヌ            真彩 希帆     
ジョルジュ・ジャック・ダントン    彩風 咲奈
タレーラン              夏美 よう
カミーユ・デムーラン         沙央 くらま
ルノー夫人              梨花 ますみ
マリー=アンヌの母/オランプ     舞咲 りん
ルノー                奏乃 はると
クレール               早花 まこ
テロワーニュ              沙月 愛奈
ポーリーヌ               千風 カレン
ロラン                 透真 かずき
マノン・ロラン夫人          彩凪 翔
フーシェ               真那 春人
クートン               久城 あす
フレロン/ブランシュバイク公     煌羽 レオ
サン=ジュスト            朝美 絢
イザベル               愛 すみれ
ブリソ/マリー=アンヌの父      桜路 薫
タリアン               天月 翼
デルボワ/デュプレ          橘 幸
ガブリエル・ダントン         朝月 希和
モニーク               妃華 ゆきの
ヴェルニョー             真地 佑果
ル・バ                永久輝 せあ
ヴァレンヌ/ルイ16世         叶 ゆうり
オーギュスタン・ロベスピエール     綾 凰華
エレオノール・デュプレ        星南 のぞみ
ビュゾー               叶海 世奈
デュムーリエ将軍           鳳華 はるな
マリー=アンヌの妹          夢乃花 舞
ダヴィッド/新聞売り         諏訪 さき
バラス                陽向 春輝
シャルロット・ロベスピエール     野々花 ひまり
リュシル・デムーラン         彩 みちる
アニエス               桜庭 舞
マリー=アンヌの恋人         眞ノ宮 るい
アンリオ               縣 千   
 
 
 
翔ちゃんは女役さんshine 
 
咲ちゃんは望海さんと敵対するお役だろうなぁ…。 
 
専科からは夏美さんと沙央さん。 
 
コマちゃんはこの公演で退団なんですね…。 
 
さて。 
 
ウィキペの『フランス革命関連人物一覧』でも見て観劇日までに勉強しようかなpencil
 
 
 
 

2017年9月22日 (金)

雪組「CAPTAIN NEMO」その3

うー。
 
だんだん記憶が薄れていくー。 
 
では、咲ちゃん以外の生徒さんのことも思いつくままに…。 
 
ヒロインの彩さん 
 
私は彼女のお芝居好きです。 
 
今回のお役が“信念をもってる女性”だからだと思うんですが、娘役さん特有の“ほわっと感”(…というか、なんというか)は薄いんだけど、ヒロインとして立派だったと思います。 
 
でも、お歌が…お歌が…。 
 
難しい曲だとは思うけど(なんで、あの高低差のあるメロディーにしたのかね…)、もう少し何とかならんかなthink
 
がんばれみちるちゃん。 
 
朝美さん  
 
月組は全くといってよいほど見ないので(テレビ放映があったらで見るくらい)、全くといってよいほど存じ上げない方でしたが、お上手でした。軍服が超似合ってましたshine 
 
咲ちゃん同様“笑わない”お役でしたけど、いろいろなことを考え、悩み…ネモ船長よりも人間らしく描かれたので、「軍人さんって大変ね」と共感できる部分もあり…。  
 
フィナーレのダンスも素敵でしたし。とにかくお綺麗な方でした。 
 
永久輝さん 
 
ひとこちゃんはある意味キーパーソン。 
 
後半というか終盤、どどーんと話が展開するときの重要人物です(…の割には扱いが雑なんだけどさ)。  
 
でも、終盤まではイタリア人なので、やたらとしゃべりまくり、やたらと明るい新聞記者を軽快に演じられてました。 
このお芝居の中で、唯一といってよいほど明るいお役でした。 
 
 
潤さん 
 
潤花ちゃんは、とってもかわいかったですheart04 
 
まぁ、あんまり台詞らしき台詞もなかったけど…、表情やしぐさででちゃんとお芝居してらして。 
 
これからどんどん成長していっていただきたい娘役さんですcatface 
 
あとは…あとは… 
 
ノーチラス号の乗組員は、皆さんそれぞれかっこよかったです。
 
特に印象に残ってるのは、真地君と縣君。 
 
看護婦役のひめちゃんは、今回のお役はお笑い封印だったけど、やっぱりお芝居が上手いな~と思いました。
 
ギリシャ人(あれは子役設定だったのか…が気になってます)の桜庭舞ちゃんと真音君は可愛かったです。
 
さて、千秋楽まであと3日。 
 
最後までがんばれ~!
 

2017年9月21日 (木)

雪組「CAPTAIN NEMO」その2

はい。 
 
では、それぞれの生徒さんの感想など… 
 
彩風さん  
 
『このお芝居における“ネモ船長”の役割』としては、十分な演技だったのかもしれないです。 
 
自分の身に起こったことを恨んではいるが復讐という手段を選ばず、自分と同じ境遇の人々を助けることに全力を尽くす。
 
自分の想いを口に出すわけではない、むしろ寡黙である(1幕なんて刺されるまでほとんど黙ってた気がする)ことが、島民から見ればカリスマ的存在… 
 
という人物なんだ。この人は。 
 
と、一生懸命思いながら見てたんですが、  
 
どうにもこうにも“静”の演技を貫いた…貫きすぎた結果、なんだかよく分からない謎な人になっちゃったというか。 
 
…でも  
 
咲ちゃんは悪くない。
 
別に「みんな大好きだー」だの「俺は頑張ってるぞー」だの、そんな台詞はいらんし、“熱い人”じゃなくていいんだけど、  
 
もうちょっとだけ観客サイドに優しい台本にしてくれたら、わたしもマトカ島の人達みたいに「ネモ船長heart01」という目で咲ちゃんを見れたかもしれない…。 
 
フィナーレと最後のごあいさつの時の笑顔の咲ちゃんを見て、救われたのは私だけじゃないはずcoldsweats01 
 
あぁぁ。
 
咲ちゃんの事だけでいっぱいになってしまった。 
 
ほかの生徒さんの感想はまた後で…
 
 

2017年9月20日 (水)

雪組「CAPTAIN NEMO」その1

昨日(9/19)は、雪組の「CAPTAIN NEMO」を観てきました。

いやぁ。  
 
うーん。  
 
えーっと。  
 
久々に「ザ・宝塚」(良い意味じゃない方の…)な芝居を観た気がします。  
 
出演者全員で「愛」を歌い上げるとか。  
 
主役だけ超豪華衣装にいろいろお着替えとか。  
 
あ。  
 
朝美さんは、話の流れでどうしても必要だったのでお着替えありでしたが…  
 
でも、恋愛要素はほぼなし。  
 
みんなで踊るシーンが妙に長い。  
 
 
…。

すみません。
 
いいとこなしレポートで。

でも、生徒さんは頑張ってたと思います。
 
それぞれの感想はまた後で。

雪組 全ツ 琥珀色の雨にぬれて/“D”ramaticS! その2

はい。 
 
では、生徒さんの感想など… 
 
“新トップスター”望海さん 
 
もう、お歌は文句なしに素晴らしいの一言です。 
 
お芝居は、まぁなんだろう。 
 
 
ちょっと昭和の香り…いや、『正統派宝塚男役』そのものでしたけど、このお役はあの作り方で正解なんだと思います。 
 
よく戦争に行って戻ってこれたねぇな感じのお坊ちゃん(パイロットとしての腕が良かったんでしょう…)。自分の気持ちに素直(すぎ)で、悪気がない。 
 
悪気はないが、それは間違ってたねお兄さん…をきちんと演じてらっしゃいました。 
 
うって変わって、ショーの望海さんは、さっきの人どこ行ったんだー!なぐらいのはじけよう。オラオラ感丸出しで客席を練り歩いてらっしゃいました。 
 
“新トップ娘役”真彩ちゃん 
 
お芝居は貫禄十分。色っぽさとどこかかわいらしさのある大人の女性を美しく演じてらっしゃいました。 
 
どこかしら、ぐんちゃん(月影瞳さん)やまひるちゃん(紺野まひるちゃん)に通じるものがある姉御っぷり。 
 
というか、ショーなんて特に男前coldsweats01  
 
ゆうみちゃんみたいに、超かわいい娘役さんも好きですけど、今までで一番好きだった娘役さんはぐんちゃんなので…
 
真彩ちゃん、これからも楽しみです。 
 
彩凪さん  
 
翔ちゃんは、ワルになり切れないワルって感じでした。  
 
目がね。キラキラじゃないですか。翔ちゃんって。 目力半端ないけど綺麗すぎて…。でもかっこよかったです。 
 
ショーの“Show Star Show”も、これまたギラギラでかっこっよかったです。 
 
真那さん 
 
まなはる君は、“とても良い人”を演じてらっしゃいました。  
 
お芝居も、ショーもすごく頑張ってるなぁ…な印象。 
 
特にショーの中詰めに向かう場面(サンライズの頭)がまなはる君スタートで、元気全開!な感じの歌い出しがよかったです。 
 
星南さん  
 
うーん。彼女は可愛い。 
 
めっちゃ可愛いんだけど、いかんせんお芝居が…。いや、表情はいいんだよ。でも、台詞とお歌が私の中では、あちゃーなレベル。  
 
この先、彼女は番手が上がるよね…がんばれ、りさちゃん。 
 
あとは…思いつくまま(というか思い出せる範囲で…) 
 
羽織さんのお芝居中のお歌がとっても素敵でした。 
 
沙月さんのダンスも素敵でした(でも、お歌はちょっと…sweat01)  
 
奏乃さんの渋いおじ様ぶりもかっこよかったです。  
 
陽向君のロケットボーイもよかったです。お歌上手かったです。 
 
やっぱり、組子半分だとそれぞれお役が付くし、お芝居でもショーでも下級生が活躍できる場面があるのがいいですよね。  
 
とにかく、新生雪組、これからますます期待ですshine
 
 
 
 
 
 
 

2017年9月18日 (月)

雪組 全ツ 琥珀色の雨にぬれて/“D”ramaticS! その1

先週の土曜日、東海市芸術劇場に雪組公演を観に行ってまいりました。 
 
うーん。  
 
正直、『琥珀~』はあんまり好きじゃないので、話自体に感動はなかったです(ゴメンナサイsweat02)。
 
…だって、大人の恋だかなんだか知らんが、ぶっちゃけ不倫(?)の話でしょう。 
 
清く正しく美しく(美しかったけど)ないじゃんよっっ。 
 
まぁ、そんなこと言ったら『ドン・ジュアン』なんて、それこそどうなんだと突っ込まれそうなんだけどねsweat01 
 
でも、ショーは良かったです。 
 
みんなはじけてましたshine 
 
ちぎちゃんとゆうみちゃんのサヨナラ公演のショーだと思うと、ちょっとグッとくるものがありましたが、いくつかの場面が『新生雪組』色を強く出した構成に変わっていて、頑張れ雪組!と拳に力が… 
 
それぞれの生徒さんの感想はまた後で…
 
 
 
 

2017年9月15日 (金)

2018年宝塚カレンダー 掲載月発表

9月…も中旬でございます。 

また1ヶ月程ブログをほったらかしておりましたthink 
 
さっき公式を見たら、カレンダーの掲載月が発表になってました。 
 
昨年の今頃は、“ちぎみゆ”の動向が気になっていただけに、この掲載月発表をやたらドキ
ドキ待っていましましたが… 
 
今年の順番はこれ! 
 
2018年 宝塚スターカレンダー
 
表紙 柚香光星風まどか
[1月]明日海りお
[2月]美弥るりか
[3月]真風涼帆
[4月]紅ゆずる
[5月]望海風斗
[6月]轟悠
[7月]仙名彩世・綺咲愛里
[8月]珠城りょう
[9月]愛希れいか
[10月]礼真琴
[11月]彩風咲奈真彩希帆
[12月]芹香斗亜 
 
うーん。みりお君がトップバターかぁ。今年(2017年版)は、ちぎちゃんが1月だった…。 
 
さて。これをどう見ますかなthink 
 
まぁ。それはさておき。 
 
今週は新生雪組の全ツ公演、来週は咲ちゃんのDC公演を観に行ってきますshine 
 
ひっさびさの観劇だし。雪組だし。 
 
楽しみwink
 
 
 

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »